ニック・デカロさん

最近、土臭~いロッケンロールを聞きながらお洒落っぽい絵とか

描くのもどうかなー、と思って少しこういうさわやかめな曲を聴いてたりするのです。

凄腕アレンジャー、Nick DeCaroによるスティービー・ワンダーのカヴァーやね。

ちょっと古い?

なんか自分のお洒落っていう感覚がずれてるのも分かるけど、

こういう音楽も今の世の中に必要なんじゃないかなー。

もっと聞いてほしいなー。